ぼやき

オルフェーヴル 有馬記念 騎手

投稿日:

第58回有馬記念が本日開催され、オルフェーヴルが8馬身もの差をつけて、圧倒的な勝利を収めました。

オルフェーヴルの騎手は、池添謙一騎手。

池添騎手

 

有終の美と言われているとおり、残念ながら本日で引退ですね。引退式も行われました。

今後は、種牡馬として活躍してくれることを祈ります。

池添謙一騎手について

1979年7月23日生まれの34歳。

出身は滋賀県で、162cm、50.0kgです。

父親は、元騎手で現在は調教師の池添兼雄さん。

奥さんは、タレントの堀あかりさんで、娘が2人います。

そんな池添騎手は、すごい騎手です。

重賞60勝もしており、そのうちG1がなんと19勝。

体表的な騎乗馬は、

・アローキャリー(桜花賞)

・デュランダル(スピリンターズステークス、マイルチャンピオンシップ)

・スイープトウショウ(チューリップ賞、秋華賞、宝塚記念、エリザベス女王杯など)

・トールホビー(優駿牝馬)

・ドリームジャーニー(宝塚記念、有馬記念など)

・カレンチャン(高松宮記念)

などなど、きりがないくらい重賞、G1を優勝しまくっています。

池添謙一騎手とオルフェーヴルの3年半

池添健一騎手はオルフェーヴルに新馬戦から乗っています。そこから、クラシックへの弾みをつけ、見事に3冠を達成。

3冠とは、皐月賞、日本ダービー、菊花賞のG1を3勝することですが、それだけでなく、その年に有馬記念も制してしまうほどの名馬に育ちました。

一方、オルフェーヴルは気性に問題があり、池添謙一騎手を振り落したことも何回もあるんだとか(笑)

阪神大賞典というレースでは、レースの途中で外へ逸走してしまいますが、その後、猛烈に追い上げて2着になってしまうという逸話もあります。

まさに伝説の名馬です。

 

オルフェーヴルは、海外のレースにも挑戦しています。

凱旋門賞というフランスのG1レースです。誰もが目指すG1レースですが、そのレースで2年連続2着という実績を出しています。

海外でのレースは、本当に難しいですね。

競走馬は、慣れない飛行機に乗って、日本からフランスまで行かなければならないし、時差もあるだろうし。

なので、海外レースの場合、単純に早ければいいと問題ではなく、長距離移動に耐えうる競走馬でなくてはならない、そして、順応性が高い競走馬でなくてはなりません。

そんな中、2年連続で、しかも2着というのは、すごいです。

 

引退してしまうのは残念ですが、オルフェーヴルの産駒がどんな活躍をしてくれるのか楽しみですね。

 

広告

-ぼやき
-, , ,

Copyright© UZUUZU , 2018 All Rights Reserved.