ぼやき

パンアキモト秋元義彦がカンブリア宮殿!パンの缶詰「おいしい備蓄食」は沖縄でも

投稿日:

パンの缶詰で有名なパン・アキモトの社長「秋元義彦」がカンブリア宮殿に登場!

カンブリア宮殿 画像

 

2014年2月6日(木) 21時54分から放送の
カンブリア宮殿」のゲストは、

栃木県にあるパン工場「パン・アキモト」の社長である
秋元義彦さんです。

パンアキモト秋元義彦がカンブリア宮殿

 

パン・アキモト社長 秋元義彦さんのプロフィール

  • 生年月日:1953年(昭和28年)5月9日生まれ
  • 年齢:61歳
  • 最終学歴:昭和51年3月 法政大学経営学部 卒業

職歴

    昭和51年4月:杉並区のパン屋・マルシャン(入所)
    昭和53年5月:有限会社秋元ベーカリー 入社
    平成8年8月:株式会社パン・アキモト 代表取締役 就任 (社名変更)

パン・アキモトってどんな会社?

株式会社パン・アキモトは、ひとことでいうと、

パンの缶詰を作っている会社です。

会社がある場所は、

  • 栃木県那須塩原市(本社工場売店)
  • 沖縄県うるま市(沖縄工場)
  • 大阪府大阪市中央区(関西営業所)
  • 東京都新宿区(東京営業所)

ちなみにですが・・・

関西営業所の「白浜」さんという方が、
ラジオ出演したことがあるということで、
白浜さんがどんな人なのか気になっています(笑)

もう一つ、ちなみにですが、

現在、パン・アキモトのfacebookページの
「いいね」数は347件

カンブリア宮殿という番組で取り上げられることで、
どこまで「いいね」が伸びるのか、楽しみですね。

テレビの力がどのくらい影響力あるのか、
気になるので勝手に見てみようと思います。

 

そして、本題に戻りますが、

パンの缶詰?と思う方も多くいらっしゃるかと思います。

パンの缶詰とは?

パンの缶詰というのは、「おいしい備蓄食」という
キャッチフレーズがついているとおり、

地震や災害が発生したときのための備蓄食です。

パン・アキモトのおいしい備蓄食「パンの缶詰」が
他の会社の商品と異なり、人気を博している理由は、

「非常食ミシュラン」ベスト15に選ばれるほどの
おいしさにあるんだと思います。

賞味期限は製造してから37か月(約3年)という
超ながーく備蓄できるのに、

満を持して「パンの缶詰」を開けると、
焼きたてパンのようにふわふわで柔らいんだそうです。

 

いったいどんなパンなんでしょうか?

 

あえて、3年後ぎりぎりに缶詰を開けて
食べてみたいですね(笑)

 

そんな人気のおいしい備蓄食「パンの缶詰」はこちら↓

非常食とはいえ、味がおいしかったら、
すごく幸せですね。
何かつらいときがあったときだからこそ、
おいしい食べ物で、気持ちが少しでも楽になったり、
一瞬でもつらい現実を忘れることができることができる
商品なのかもしれません。

 

パン・アキモトのイメージ戦略がイイ

パン・アキモトのホームページを見てみると、
なんだかかわいらしくて、好印象を受けました。

パン・アキモト ホームページ

 

なんだかかわいらしいですよね!

そして、デザインだけではなく、その企画もなかなか魅力的で、
たんなるパン工場じゃないなって感じがします。

たとえば、「救缶鳥プロジェクト」というのがあります。

これは、飢餓対策支援活動の一環で、
非常食を備えることで、世界の飢餓救済の活動に参加できるプロジェクトとのことです。

こういう取組っていいですよね。

考えはするこで、実際にプロジェクトを動かすところまで
できていない企業がほとんどじゃないでしょうか?

物流面の手配、ルール、担当者決めなど、
このプロジェクトを実現するためには、
実は見えないコストがたくさんかかっていると
思うんですよね。

それを乗り越えて実現しているということが、
いい会社なんだろうなぁと思う所以です。

広告

-ぼやき

Copyright© UZUUZU , 2018 All Rights Reserved.